スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お土産~♪

2008年05月31日 23:40

昨夜9時半過ぎに修学旅行から帰ってきました♪
         先生ありがとう!

学校の玄関には先生方がライトアップと垂れ幕でお出迎えの準備をして下さいました。
毎年のことですが ありがとうございます(^^v)

まぁーイロイロ細かい話は延々・・・・になりますので 省略(^o^;;)
そんでね~お・み・や・げ!

鹿キューピー
これは私と娘にってストラップ♪


かわいい




恒例!

婆ちゃんと爺ちゃんには「恒例」の もみじ饅頭♪

これなんだっけ・・

これは自分にだって♪

あとモロモロ小さいものや部活の後輩にお菓子・・私の妹んちに お菓子・・・
少ないお小遣いで よくまぁこんなに買ってきてくれたわね(泣)
帰ってから弾丸のように喋る喋る!
書ききれません・・・(^o^*)
ただね^^

クータンが旅立ったのが金曜だったから先週の金曜は「初7日」で
皆で法要したのね。
昨日は2回目の法要だったんだけど 息子いないし婆ちゃんも留守だったから
娘と2人でお唱えしてたの。
それを息子に言ったら 「あー俺らバスん中で般若心経唱えたで」って・・( ̄□ ̄;)!!
周りの4・5人だけでみたいだけど・・・
そんでもねー修学旅行だぜ?バスだぜ?
般若心経だぜ?

「でもさー途中までしか覚えてなかったで 半分以上は フムフムフム・・・って言ってた」

「友達も?」

「そう、友達は最初からフムフムフムフム・・・って(笑)」

とにかく楽しい旅行だったようです。
よかった よかった
元気で楽しく行ってこれたのが 母はどんなお土産よりも1番うれしい。
眠いのに・・疲れてるのに・・
2時間近く喋ってくれました。
そして一瞬で寝ましたーーーーー(*^o^*)

1ヶ月前頃は「絶対にお土産なんて買ってこん!!!」と言ってたよな。
キューピーちゃんストラップ 私が集めてるの知ってたんだね

暴睡しているデカイ体に ギューーーーして
ありがとーーー

で・・・婆ちゃん・・・「婆ちゃんは饅頭か?」・・・・Σ(|||▽||| )
許せ!婆ちゃん! (お小遣いは婆ちゃんからもらって行ったのでしたぁぁ)



スポンサーサイト

「おかげ」の話

2008年05月30日 15:32

昨日 友人の勤める保険会社のイベントで寄せ植えがあったので行ってきました。

          綺麗に咲いてね

私は庭いじりや花は あんまり得意じゃなくて
もっぱら婆ちゃんのお仕事です(^^*;)
こうやって全て準備して頂いたのを並べるんならまだいいけど
それでも あーでもない、こーでもないと配置に悩んでおりました(ヘヘ)
クータンのお庭に飾っておきました。

いつも日向ぼっこする場所にね♪ どう?
おかぁちゃん上手に出来たでしょ? 綺麗にいっぱい咲いてくれるといいね(*^^*)

それからね
クータンの大好きな お隣のおかぁちゃんのお友達がね
いつも朝 洗濯物干すときにクータンがチョコチョコ遊んでたのに
今は淋しいわーって。お隣の木の根元にあった葉っぱが大好きだったんだよね。
でもね 工事で葉っぱ取っちゃったもんだから
クータンに悪いよーって お花植えてくれたんだよ♪

お隣の思い・・・
  クータン 赤いのとか黄色いの好きだったから・・・って。
  いつも ここにお邪魔してたんだよねー
  クータンのお庭から直結してるから
  足音すると愛想振る舞いに行ってたよね。
  オバチャンも淋しいけど
  この花見てクータン思い出してくれてるって。
  ありがたいね(^^)


それから それからね
実は・・・・クータンの火葬に行った帰りに
おかぁちゃん 車ぶつけられたんだよねー

そ~なんです!
クータンのお骨を頂いて 「さぁおうち帰ろうね」って走り出して間もないうちに。
2車線から急に車線変更してきた車が私の車に気がつかず・・・
ガガガガガーーーー!!って すんごい音に「何何??」って
何が起きたのか分からず=( ̄□ ̄;)⇒
免許取って ん十年・・ぶつけた事もぶつけられた事もなかったのにぃー
まだ1回も車検受けてないし この車、「クータンのお尻」みたいな後姿に惚れて
色もクータンみたいだから大事に大事にしてたのにぃ!!
幸い誰も怪我しなかったからよかったけど・・・
でもねー泣くに泣けなかったっすよ。
警察に事故処理してもらって あとは保険会社におまかせ・・
相手の方も自分が悪いですって 申し訳なさそうでしたし。

でね
いつも そっち方面行く時は裏道から行く私なんですよ。
それがね 前の日に妹が病院向かう時に国道を走って行ったんですよね
その途中でクータンは息を引き取ったわけなんですが・・・
火葬に行くとき いつもの癖で私裏道へ入ったら
息子が「帰りは国道から行ってよ。」って・・・
なんで~遠回りじゃんーって言う私に

「昨日クーは国道の方で魂を落としたんやで ちゃんと拾って連れて行かんと駄目やろ?」って。

だから そっち走っててぶつけられたんだけど・・
「おかぁ・・それは違うよ。いつもの道から帰ってたら もっとひどい事故にあってたかもしれんろ?クーが 俺らを守ってくれたのと、クーは おかぁが自分の事ばかり考えて悲しむと思ったから チョットいたずらをしたんやさ。悲しみを分散してくれたんやさ。車見るたびにクーを思い出して泣くろ?
修理にいけば そのうちに悲しみが落ち着くってわけやさ」って・・・・・

な・・・なんてポジティブすぎる意見なんだろ・・・・

1時間近く現場にいた私達・・
お骨を抱いたまま息子が降りてきて 何て言ったと思う?
相手の方が「ごめんねボク。帰り遅くなっちゃうね」って言われたら
「いいんですよ^^ そちらこそ大丈夫ですか?俺らは急いで帰らなくてもいいですから」

あの超ーーーー無愛想な息子がですよ!
婆ちゃんもビックリですわ(* ̄□ ̄*;

まぁなんとか事も済み
帰路に向かったわけでして。
途中、「ここ!」って指摘された場所に車を止めて
合掌して 息子の言う「魂」を連れて参ったわけなんです。

そして今日 修理から車が帰ってきました(*^^*)
部品も取り替えてもらって綺麗になって帰ってきました。
うんうん♪まさに「クータン」です♪
そうだね・・・
ちょっとビックリな「いたずら」だったけど この2週間
クータンも車もいなくて悲しかったけど 逆に車あったら
乗ってて泣いちゃったかもしれないね。
2週間で少しは気持ち楽になったから 息子の言うとおりだったんだね。
ありがとね クータン

今日はオネエチャン・・楽器持って帰るから迎えに行かなくちゃ!
ふふふ♪ビックリするだろなぁ~
そして今夜は息子も帰ってくるし(*^^*V)
迎え行ったら バスからよく見えるとこに止めておこっと!

みんなのおかげで また明るくなれる私でした。

新聞読めんでー?なんでや?


  よかったな(^^V)
  おかぁちゃん♪









息子の・・

2008年05月29日 15:43

中学3年の息子は昨日から修学旅行に行っています。
広島→大阪コースで2泊3日の予定です。
強烈な「雨男」の先生が一緒だから テルテル坊主を作って送り出しました(^^;v)
明日はユニバーサルだから~雨降るのは可哀想だよー

ところで 昨日の早朝4時に起きた息子・・・
すぐにクータンのお骨へ線香を3本・・
般若心経を唱え始めました。
「3本も?」って聞いたら「三日分」って。

実はこの息子 今までは心配の種だらけの息子でして
中2に入った頃から いわゆる「反抗期」まっしぐら!
自分でも「俺は反抗期やで 気にするな!」とか言って・・
必要以上・・いやいや 必要な事も喋らない
何か聞いても「知らん」「分からん」「忘れた」
お手伝いはしない。電話も友達以外からのは出ない。
学校からも度々連絡くるし・・
注意すればするほど態度悪くなって逆効果
挨拶もしないし ご飯もパパッと食べて すぐにゲーム・・。
挙げればキリがないほど。
でもまぁ聞くとこによると男の子ってこんなもんだよーって言うから
腹たてながらも「そのうち・・そのうち・・」って思ってたんだー
「そのうち・・って どれくらい!?」っても思ってたけどね。

クータンが亡くなる3日前にも息子に頭きて 
ついつい娘に愚痴ってしまったんだよね。
逆に説教されたけど(^^;)
でも このままでいいのかしら・・って真剣に悩んでたんだー私。
父親いないし 私だけで多感な時期を見守れるのかなぁって。

それがね・・・先日も書いたように クータンが亡くなったとき
道中の車の中で息子が病院の先生と電話してるのを聞いて
耳を疑ったのです。
私の隣で半狂乱に取り乱してる娘に「落ち着け!!静かにしろ!先生の声が聞こえんろ!!」って怒鳴り 冷静に電話で受け答えし 最後にはちゃんと「ありがとうございました」と・・。
それでも取り乱す娘に「頼むで少し静かにしてくれ」と言って
次の日の部活の大会出場を断る為に顧問の先生に電話し、友達にも連絡を入れ・・・
私が何も言わなくても・・・冷静に・・・丁寧に・・・
そして家に着くまで顔を伏せ声も出さずに男泣きの息子なのでした。

あの日から息子はクータンのように優しい顔つきになったのです。
きっと悲しみとか寂しさを紛らわすためかもしれないけど
言葉の言い回しが優しくて 会話もたくさんしてくれて・・・
この2週間の姿は今までには考えれないくらいなのです。
書き出したらキリがないです。
クータンへの涙と息子への涙で グチャグチャな私でありました。

娘に言いました。
「お母さんは焦りすぎてたね。本当は今の○○の姿がホントの姿なのに お母さんがイライラして叱ってばかりだったからダメだったんだね。クータンが最後に○○のところ離れなかったのは
クータンは分かってたんだね。優しい子だよって。それをお母さんに思い出させてくれたんだね」って。
クータンの死は私にも子供らにも辛すぎる出来事でした。
だけど私にとっては大事な大事なことを 思い出させてくれました。
「おかぁなんかにお土産は買ってこん!!」とプンスカしていた息子でしたが
昨日の朝 「お土産なに欲しい?」だって(泣)

広島へ行って 何かをまた感じてきて欲しい
未熟児で生まれて
小3で腎臓病にかかり 大好きだった野球もスポーツも止められ
泣きじゃくる私に「お母さん、俺は死ぬわけではないんだから。野球できんでも生きとれるんやでな。
泣くなよ!」って背中をさすってくれた息子。
お母さん忘れてたね
あんた優しい子だってこと
クータンのおかげだね   ありがとう

母はいつも子供が笑顔でいてくれるのが1番幸せだけど
笑顔ばかりでいられないこともあるよね

でも今再び確信したから・・・もう忘れたりしないからね
2人とも大~好きだよ!!!


今頃気づいたのー?

おかあちゃん 今頃気づいたの?

 元気出して頑張るんやよ!!

ありがとう

2008年05月26日 13:41

やっと一週間が過ぎました。
今はお骨になって立派な骨壷に入ったクータンが私の後ろで見ています。

それは不思議な1日でした。
亡くなる前日は少し元気な素振りを見せていました。
昼間は各部屋を散歩して 爺ちゃんを足元から見上げ
婆ちゃんの寝床で休み・・・
娘が帰ってくると 久しぶりお出迎えをし・・・
そして1番大好きな息子が帰ってくると ずーっと側を離れなかった。
いつもは私が「クータン 寝る時間よー」と抱っこするのに
息子の横で座ったまま動かない。
抱き上げようとしても 力入れてて踏ん張ってる。

なんだか 嫌な予感が走ったのです。

次の日 ネットで鳥の専門医を探してた私
近くには犬猫病院しかなくて いつもの病院へかかっても
多分同じだなって思ったから。
もう少し遠くになるけど1件見つけたから そこへ連れて行こうと・・・
前のように私一人でチャイルドシート(クータン用?)ってわけには
いかないから 明日の朝1番に娘と向かうつもりだった。
その夜の出来事でした・・・。

おかしい!と思って すぐにその病院へ連絡し妹の車に皆乗り込み
向かったのだけど 病院までは1時間以上かかります・・・
30分ほど走ったところで息耐えました。
その間 息子が先生と電話で 処置方法を聞いたりしてくれましたが
願い叶わず・・・・
もう少し早くその病院を見つけてれば・・・と後悔の念にかられますが
息子の「後悔しないで」って言葉に慰められました。
急な電話にも親切に受け答えして頂いた先生に心より感謝いたします。
息子に言われたそうです・・
「多分もう蘇生は出来ないだろうから 早く家に帰って休ませてあげなさい。
そして次にまた鳥を飼う事があったら 健康状態を診てあげるから飼ったときは連れてらっしゃい。」って。
本当に ありがとうございました。

私の腕の中で最期を迎えたクータン
「お母さんが抱いててよかったわ・・お母さんが1番長い時間一緒にいて世話をしてたからな。
1番悲しいのは お母さんなのにな・・・」って息子に言われたときは号泣してしまった。
悲しみは皆同じ
時間は長くても 思いは一緒だよ
「お母さんこそ 飼ったりしなけりゃお前達に悲しい思いさせなくてよかったのに・・・ゴメンなぁ」って。

亡骸をずっと抱いて夜を明かしました。
いつもいい子で抱かれて寝てたから また目を覚ますのではないかと思うほどでした。

翌日17日に火葬してきました。
綺麗なお花を息子の友達や近所の方から送り花に頂き
大好きな菜っ葉も一緒に まるでお花畑で眠ってるように・・・

つらい事あったときも 私も子供もクータンのおかげで立ち直れたし
内緒話も それぞれが部屋でクータンと語ってた。
皆の悩みを黙って聞いてくれてた。
そして 「元気だせよ」と頬づりしてくれてた。
何処へ連れて行っても 誰もが可愛いーって言ってくれたし
エ!?ニワトリですか・・・と引いてる人も こんなに可愛いんですねーと必ずナデナデしてくれてた。
公園ではクータンのおかげで輪に入れた子もいたよね。
保育園に行けなかった子も 毎朝クータンちに寄ることで 行けるようになったんだよね。
みんな悲しんでくれてたよ。
鳥さん大嫌いで いつもうちに入れなかった おかあちゃんのお友達もお花持って来てくれたんだよ。

今頃は クータンも彼女見つけて楽しくしてるかな

お掃除してるとタンスの隅から羽がフワフワ舞ってきて・・・
隅っこにたまってたフケを お掃除しちゃうのが泣けてね
でも1週間たってもフワフワしてるんだよー
どっから出てくるのかね・・・
きっとお部屋 散歩してるんかもしれないね
おかぁちゃん元気出せよ!!って
クータンの匂いの染み付いた毛布は まだ洗うこと出来ないけど
おかぁちゃんは大丈夫だからね。
今まで ありがとう!

  ********************************

ブログを始めてまだ数ヶ月
リウマチの辛さを訴えたくて娘に勧められて始めたブログが
いつのまにかクータンブログになっていました。
短い期間ででも いろんな方にクータンの可愛さを理解してもらえて
そして何よりも~鶏を室内で飼う~という事に不安を抱いていた私でしたが
そんな同人の方に沢山出会えたこと・・・それを理解してくれる方に出会えたこと・・
嬉しかったです。
すぐにはクータンの話題を消すこと出来ないけど
パッチワークも頑張んなきゃいけないし
リウマチとも戦わなきゃいけない。
だから毎日元気に更新しなきゃ!

泣き・・・が入ったっていいじゃんね
今んとこ このまま行きますので よろしくです。

ご心配と励ましのお言葉を頂いたこと
心から感謝しています。
ありがとうございました。





お知らせ

2008年05月20日 18:18

5月16日午後9時45分
クータンは永眠しました
まだ書き込みをできる心境にならないため
しばらくお休みします。
心配いただいた皆さん 
もう少し 時間を下さい
必ず戻ってきます


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。