スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の知らない物語・・・

2009年11月29日 17:47

私の祖父は17年前に亡くなりましたが
その祖父と子供の頃 近所に住んでて仲良くしてもらってたという
お婆ちゃんと偶然 そんな昔の話をする機会がありました。


私は祖父母っこで両親よりも祖父母になついてたから
2人が同時期に亡くなったときは 気が狂いそうなくらい悲しくて
6ヶ月になる娘を抱いて 泣いてばかりいました。
高校生のとき 少し反抗して 2人を傷つけてしまったことを
ムチャクチャ後悔しながら大人になって・・・
それでも最後まで私を大事にしてくれた2人のお墓には
封印された私からの手紙が入っています。

いまでも2人を想うと すぐに泣けちゃうんだけど

お話をしたお婆ちゃんは89歳です
私が孫だと始めて知って
ポロポロ涙を流しながら 1世紀近く前の話を
さも昨日のことのように 私の知らない若かりし頃の祖父の話をしてくれました。

私が言うのもへんだけど
ほーーんとに カッコいい人だったんだよ♪
明治生まれなのに身長は170以上あったし
8頭身かと思うくらい 足も長いし 顔小さくて♪

宮大工だった爺ちゃんの ニッカポッカ姿は 今でも写真で見ると惚れ惚れします。

好きだったんだって(*´∇`*)
そのお婆ちゃん・・・うちの爺ちゃんを・・・

爺ちゃんが作った「竹トンボ」は誰にも負けんほど飛んだんだって。
壊れかけた机を新品みたいに修理してもらったんだって。

お婆ちゃんは照れくさそうにしながら でもニコニコほくそ笑んで
シワシワの目から いっぱい涙流して語ってくれたよ(o^-^o)


「そーーかね・・アンタが孫やったとは知らなんださー生きとるうちに会えたで
こんで私もいつでも逝けるわねー」って

そんな事言わずに いっぱい生きとってよー
まだまだ私の知らない物語 いっぱい聞かせてよー


なんだかね
すごくHOTな気持ちになれました
切ない初恋だったんだろうけど
私の知らない もっとカッコいい爺ちゃんを想像できて
嬉しかったのです。

家の大工小屋には 大工道具がそのまま残っています
私のアルバムには そこで爺ちゃんと撮った写真が残っています。
おかっぱ頭で前髪パッツンの私と EXIlE並みに頭反りあげたシブイ爺ちゃん♪

きっと今の小町を天国から見てて
「しっかりしろや!」って言ってるやろなぁ
口に釘加えながら(@⌒ο⌒@)

で・・・・
そのいい男ぶりを 誰かが引き継いでいるのかと言うと・・・・・・
遺伝子は何処にーーーー!?
私の孫に!?笑)


過去を振り返るのは嫌いだーーとか言わないで
ご先祖様の話は引き継いで語り継いで
今自分が生きてるルーツを子供たちにお話してあげましょ♪

私の知らない物語は まだまだ山のようにあるんだね(⌒∇⌒)




コメント

  1. lelemusic | URL | -

    初めまして

    こんばんは、
    初めまして。人を好きになったことって、何十年経っても忘れないんやね。わかるな、その気持ち。そのばあちゃんも小町のじいちゃんのこと考えると娘に戻っとるんやろなあ。

  2. 小町さくら | URL | MDo56pwE

    お返事

    <ポラリスさんへ>
    ほんとですね(^^)年のせいで私もスグ泣くんですよ(笑
    でも 泣けるってことは 何かを感じるからですよね。
    読んでくださって ありがとうでした。


    <大人店長さんへ>
    どこの町も高齢化で独居老人が増えてますからね。
    その人達の物語を誰も知らないで亡くなってくんだと
    改めて思うと いろんな人の話を聞いてみたくなりました。

  3. おとな店長 | URL | Si2BarZE

    NoTitle

    い~話やねぇ~(涙)感動します!
    亡くなって始めて故人の強さや偉大さが分かるような気がします。
    自分もあらためて前向きに生きていこうと思いました。ありがとう

  4. ポラリス | URL | -

     いい話しで自分も泣いてしまいました、 
     歳のせいで涙もろくなってしまったのもあるんですけどね、 
     でも、いい話しでした、ありがとう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。