スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お月様の おかげで

2010年04月29日 23:49

F1000142_20100429225443.jpg
今夜の月齢は14.1歳です・・
お月様が大好きな私
毎日,新聞の月齢を見逃さない私だったのに
ここ1ヶ月は忘れるくらい余裕なかったのかな。

「満月が綺麗だよー」って連絡もらって
初めて気が付いた
私の部屋から丸見えなのに
いつも ちゃんと気が付いて見てたのに。

こんなデッカイお月様にも気が付かないなんて・・

すぐに写メ♪

娘に送って「見てるか~満月だよ♪」って(^^*)

綺麗に見える月の夜は どちらからともなく
窓開けて「満月だよー」って ぼーーって見上げるのが我が家の習慣
本当に月明かりで階段の電気付けなくても窓から入る月明かりが明るくて
踊り場で座り込んで座禅くんだ様にして見入ってた事もありました。

1人で見てるかな
同じ月を・・
違って見えるかな

バラバラになった友達も見てるといいね

明日もまた頑張らなきゃ!って唇キュッっと結んで見上げてるかな

やっぱ 余裕ないと空見上げることも忘れちゃうんだなぁ
今日はなんだか見入ってしまって
じーーっと
じーーーっと
そしたら何かがフッ!と抜けた♪


この月に みんなが気が付きますように☆
余裕がないときこそ ゆったりと美しい月を
穏やかな気持ちで 黙して 無心で 見上げたいもんだね。

歯科医院の仕事先で先生が
「自分が幸せでなければ 誰も幸せに出来ない」って言ってるのを耳にしました。

子供も両親も友人も
幸せでいて欲しいのなら まず自分が幸せだと思うことが大事だ
自分が犠牲になって家族を幸せにしようとか
家族の為に自分の幸せを我慢するとか
そういう思いを持って「アナタに幸せになって欲しい」なんて言うもんじゃない。と。

これには ある状況があるんだけれど
端で聞いていて 私は 
この先生 偏屈で固くて頑固で怖くて怒りっぽくて・・
そこしか見てなかった自分に気が付いた

ちょこっと好きになれた(^^)

還暦迎えたから人間まるくなったんかなぁ(笑)

娘からの手紙の中に
「お母さんが幸せになってね」
ってのを 思い出して カルテ打ち込みながら泣いてた私でした。




コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。