スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まむし焼酎

2011年05月28日 17:05

ハニーハンター隊長が,亡くなった母上の家の整理をしていたら
出てきたそうで 見た途端ギャー!っとなった隊長は
「小町チャンなら大丈夫だよね!」と持ってきてくれました。

まむし焼酎です♪
DCF00103.jpg
平成5年8月と貼ってありましたので18年モンの貴重な焼酎です。

これをみたウチの母上も「ぎゃー!」

私は懐かしい匂いに思わず祖父を思い出しました。
私の祖父は以前にも書きましたが「宮大工」でした
若い頃は徒歩で山を越え材料を背負い往復したそうです。
途中出会う「まむし」を捕獲して
焼酎漬けにし 疲れた体に吹きかけていました。

口に含み腕や足に吹きかけるのです
背中にはハケで塗ってあげた記憶があります。

私もよく捻挫した時に湿布してもらったけど
これがねー匂いが・・!

じいちゃんの匂いは木材の匂いと
この「まむし焼酎」の匂い

思わず この一升瓶を抱きしめていた私でした(笑)

まむし焼酎の作り方って知ってます?
ナマ殺しですよ・・
毒素を抜くまで水を替え、替え・・

それでも何ヶ月も生きてる時あります。

じいちゃんは「若くて元気なマムシでないとダメや!」と
1番凶暴な?のを選んで捕まえてきてました。

この まるでまだ生きてるかのような姿に
生命力を感じます!

この他
アロエ酒や梅酒やエトセトラ・・
年期の入った貴重なモノを たくさん頂きました!


蛇見て「キャーー」って言う女の方がいいのかなぁ(笑)
私の苦手は
蝶々とセミと蛾!!



コメント

  1. 小町さくら | URL | -

    ひだまりおばばサンへ

    「まむし焼酎」読んで下さってありがとうございます♪
    あの匂いは なかなか受け入れてくれる人はいないですよね~
    私も子供の頃は「うっ!」って思いましたが
    祖父は大工さんだったので
    「木」の匂いと混じって「祖父の匂い」として
    未だに記憶に残っています。

    普通は「へび」にきゃー!ですよね(笑)
    私は出会うと「わぁお♪」です(あはは)

    近くの山には「まむし」は沢山出没しますが
    なかなか大きいのは出なくなったと聞きました。

    また手に入ったらお知らせいたしますね

  2. ひだまりおばば | URL | rFnwIxnM

    Re: まむし焼酎

    はじめまして
    マムシ焼酎で検索をかけ おじゃましています
    ヒロシマの片隅で保育園をやっておりまして
    山遊びをするもので
    マムシ焼酎が必須アイテム。
    しかし 昨今の世情のあおりをうけ
    あらたな「へび焼酎」が入手できなくなり
    あちこち探しているものです。

    さて おじいちゃんがへび焼酎のにおい…
    いいですねぇ
    私の場合は 母がヘビ焼酎を好んで使い
    打ち身になれば へび
    ぶよに刺されれば へび という具合でした。
    いずれにせよ
    においと記憶は仲良しらしいですものね
    お互いにこれをみてキャーと言えないのは苦しいものの
    まぁそれも良いかと思えるのは
    記憶のにおいのお陰かもしれませんね(^-^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。